知らないと損する?単利と複利の違い

みなさんこんにちは。
元信金パパのゆんです。

今回は単利と複利についてお話しします。



単利と複利と言われてピンと来るでしょうか?

わからない方は一緒に勉強していきましょう!

簡単に言うとお金の増え方のことです。

単利と複利という2種類の増え方があるんだなーという捉え方で大丈夫です。



それではさっそくみていきましょう。






単利とは?

まずは単利という考え方です。



単利とは、

「元本にだけ利息がつくお金の増え方」です。

※ちなみに元本っていうのは元になるお金のことで、下の例だと100万円のことを指します。



例えば年利10%の場合、100万円を預けると1年目は10万円増えて110万円になります。

2年目はまた100万円に対して10%増えて120万円になります。

図で表すとこんな感じ。







複利とは?

今度は複利についてです。



複利とは、

「元本+利息に利息がつくお金の増え方」です。



例えば年利10%で100万円を預けると1年目は10万円増えて110万円になります。

ここまでは単利の場合と同じですが、2年目は110万円を元本にして10%増えるので、11万円増えて121万円になります。

図で表すとこうなります。







単利と複利の比較

複利の方が増えるのはなんとなくわかったけどそんなに大きな差じゃないでしょ?

という方のために単利と複利でそれぞれ30年間運用した時のシミュレーションで比べてみましょう!



ご覧の通り最初は大した差じゃないのですが、年数を重ねるごとに大きな差になっていきます。

単利は淡々と同じペースで増えますが、複利はどんどん増えるスピードが上がっていくイメージですね!



結論、複利は時間をかければかけるほど大きな利益を生み出します!

気づいたタイミングですぐに複利運用を始めましょう!(私ももっと早く気付きたかった・・・)






お金だけじゃない複利の考え方

ここまでの話で複利とは、「元本だけでなく利息が利息を生む考え方」だと理解していただけたかと思います。

20世紀最大の物理学者と言われるアインシュタインが人類最大の発明と言ったものは実はこの「複利」なのです。

その理由はお金だけでなく色々の分野にも応用できるからなんですね。



例えばビジネスの分野で応用すると、

2人の営業マンがいて、1人はずーっと新規のお客さんを見つけ、お客さんの都合に合わせてどこにでも駆けつける素晴らしい営業マン。

もう1人はもちろん新規のお客さんも開拓しますが、常にお客さんから紹介をもらっていました。

両者の成績は最初は大差なかったのですが、時間が経てばたつほどその差は大きくなっていきました。



ずっと新しい人を探し続けることは並大抵のことではありません。

「すでにいるお客さんが新しいお客さんを生む」

こんなことが起こったらとても素敵ですよね。

単利の営業マンと複利の営業マン。

みなさんはどちらになりたいですか?






いかがでしたでしょうか?
複利の力は投資において使わないともったいない力です。
表面に見える数字の大きさだけではな、単利なのか複利なのかもきちんと確認するようにしましょう!

それじゃ、また。



ゆんのSNS

Twitter ←リアルタイムな情報を投稿!

Instagram ←プライベートな情報をストーリーで発信!




このブログは読者のマネーリテラシーを向上させ、今の生活から将来の資産形成まで、長期に渡って豊かなライフスタイルを送れるような情報を発信しています。

・お金のことを真剣に考えたことがない
・知り合いには相談しにくい
・本物のお金の情報がほしい

というお金初心者の方にぴったりの内容となっております。
記事の内容を気に入っていただきましたら是非SNSや口コミで拡散していただけると大変励みになります!

私だけではなく、みなさんの力で日本の金融教育を変えていきましょう!

よろしくお願いします!