2022年は資産減ります!

今年は、今年こそは、

10キロダイエットしたい土肥です(白目)

昨年はコロナショックからの復調で順調に利益が出てるなーって思っている方が多いと思います。

でも今年は資産もダイエットしてスリムになる可能性大なんです😢

簡単に説明していきますね!


うちのお嬢様

体系がスリムになるのはいいけど、お金が減るのは悲しいね😢

ゆん

そうだよね😢

でも積立投資をしている人にはむしろチャンスかも?




世界中で「利上げ」される

日本経済新聞より


最近こんな記事を読んだ方も多くいらっしゃるかと思います🤔

アメリカをはじめいろいろな国で利上げが始まります。

2022年はアメリカ、EUで利上げが行われるそうですよ!


そもそも利上げってなに?と思う方へ解説します。

単純に銀行預金の金利が上がると思ってもらうとわかりやすいかな?

たとえば今の日本で銀行金利が8%くらいあったらみなさんならどうしますか?

わざわざリスクを取って投資するでしょうか?


今まで投資していたお金も預金でいいやーとなりませんか?

こうなると株式を買う人が減る→株式の値段が下がる(株価の暴落)

という流れが見えますね^ ^




投資の運用成果が下がります

株式の値段が下がると、今まで投資してきた資産の価値も目減りします😢

株式、投資信託、保険、等々。

資産形成してきたもののほとんどが対象です。

運用の状況を見て、

「うわーめっちゃお金減ってるー」
「これ以上減る前に売却しようか。。。?」

と思う方が多くいるでしょう。

でも積立投資をしている方にとってはむしろチャンスですので、焦って売却しないようにしてくださいね^ ^




株価の暴落はバーゲンセールである

以前の記事でもお話ししておりますが積立投資は「ドルコスト平均法」というものに基づいています。

まずは下図を見てください。



「毎月10000円株式を買う」と金額を決めて、坦々と積立投資していきます。

初月は株価が10000円なので1株(1口)
2か月目は株価が2000円なので5株(5口)
3カ月目は株価が5000円なので2株(2口)

こんな風に金額は固定で買えるだけ買っていく。

こうすることによって、株価が高い時には少なく購入、株価が安い時には多く購入することができるのです^ ^

しかもこちらはなにも考えることなく自然にできてしまうのがいいですね😊


ドルコスト平均法で考えたとき、株価の暴落は安売りのバーゲンセールと言うことができます。

バーゲンって今も言います?笑

楽天スーパーセールとか言った方が伝わるかな?笑


以上のことから、相場が下がっても積立投資を継続することが大切なことがわかります。

焦らず今まで通り継続してくださいね!




今回の暴落は健全

株価が暴落するとなにかよくないことが起こったと思う方もいますが、実際はそうとは限りません。

景気が悪くてもいずれ回復していくように、景気がよくなると景気を落ち着けようとして「調整」が入ります。

2022年から始まるのはこの「調整」ですので、むしろ健全なものと言えるでしょう^ ^



歴史的にみても経済がずっと上がり続けることもなければ、ずっと下がり続けることもありません。

長期的にみると世界経済は右肩上がりに成長を続けているので、気長にコツコツ投資を続けていきましょう!




まとめ

・世界中で利上げが進行
・株価が暴落する可能性大
・積立投資にとってはチャンス
・健全な暴落なので落ち着いて投資を続けよう




おわりに

いかがでしたでしょうか?

今回は今年起こりえる暴落についてでした。

予測できる暴落ですし、加熱した景気を落ち着かせるものですので、焦らなくて大丈夫です^ ^

これに合わせて体重も下落してくれることを期待しています、、、😇笑




このブログについて

このブログは読者のマネーリテラシーを向上させ、今の生活から将来の資産形成まで、長期に渡って豊かなライフスタイルを送れるような情報を発信しています。

・お金のことを真剣に考えたことがない
・知り合いには相談しにくい
・本物のお金の情報がほしい

というお金初心者の方にぴったりの内容となっております。
記事の内容を気に入っていただきましたら是非SNSや口コミで拡散していただけると大変励みになります!

またお問い合わせはこちらから承っております。
節約がしたい、貯金がしたい、資産形成がしたい等
どんなにちいさな悩みもお気軽にご相談いただければと思います^^